ブライダルと鉄道の合体

img-1

最近のブライダルでは、ホテルや教会以外でも結婚式が行われることがあり、その中には鉄道と関係しているところがあります。



どういうことかというと、列車を借りて車内で披露宴を行うというスタイルで結婚式場の多角化です。



これによってブライダル関係者は、新たな需要を掘り起こすことができると同時にビジネスのチャンスになります。



鉄道関係者からすれば、人々を運ぶという本来の目的以外のニーズが生み出されることになります。



一見関係無さそうに見える鉄道とブライダルは、このように組み合わせることで新たな形を生み出します。



そのため鉄道会社が新たにブライダル事業を始めて、このような形のビジネスを手掛けるという方法もあります。



また鉄道会社は鉄道車両で式を行った新郎と新婦に対して、次のようなサービスを提供するという手段もあります。


それは新婚旅行にその会社の鉄道を使えば、鉄道運賃や鉄道会社が経営するホテルの料金を安くすることです。

つまり一つの事業における顧客に別の事業のサービスを受けさせて、利用者を増やすということです。



同時に結婚式に出席した人々にも同様のサービスを供給して、収益の増加に結びつけていくのです。
さらに結婚した二人に子供が生まれたときには、その子供の鉄道運賃を無料にするという手もあります。



すなわち結婚式にだけ関わるのだけでなく、結婚した後も関わっていくことでリピーターになってもらうのです。


同時に子供にもサービスを受けさせて、将来の顧客にしていくというやり方も採用していくのです。

関連リンク

img-2
挙式をする際の注意点について

結婚式は夫婦となるカップルにとっては重要な儀式のひとつであり、節目として非常に神聖なものとして捕らえている人達も少なくないです。また、主役のカップルはもちろんとしてそれぞれの親族や招待される人達にとっても、やはり特別な冠婚葬祭として捉えられているため、特に儀式としての意味合いが強い挙式には力を入れている人が多いようです。...

more
img-2
初めての結婚式準備はブライダルフェアに行こう

大好きな人との結婚が決まったら、次は結婚式の準備ですね。でも、何をしていいのか、どんなところで式をしたいのかよくわからない、という方も多いと思います。...

more
top